DQMSL 死神の騎士 付与スキルについて

 

sinigami

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ達アカレンジャイっ!

って事で死神の騎士のスキル付与について考えてみる。

今回は実際にスキル構成の違う3種類の死神を作ってPTを組み、
静寂をひたすらハムスターの様に回るという鬼の苦行を経ているので
涙なしには語れない信憑性あふれるデータになった。多分。

まずは各死神の紹介から。
イオラ+かぶとわりがデフォルトの共通スキル。

長男 火炎斬り(いなづま斬り)+魔人斬り
sini3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次男 ラリホーマ+ベホイミ
sini2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三男 マホカンタ+ベホイミ
sini1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。

テキスト読みたくねーからさくっとテンプレ回答よこせやって人や
四の五の言わず全ツッパでゲームを楽しみたい人はザオラル+みなごろしがさいきょでFA。

俺にはそれ出来る程の器量と人間性は無かったけど、
そこに行ける人はきっとどのメダリストより輝かしい未来が待っている。

だってざっくり8割くらいの確率で味方が死んで半分くらいの確率で生き返るんだぜ?
階段を登っていたと思ったら降りていた並の出来事がここにある。

あとライデインとかも気にはなったけど、
すみません玄人過ぎて別の人試して下さいおねがいします。

じゃー?って事でまず俺としておすすめしたいのがベホイミ。地味だけど。

現ダンジョンの難易度でベホイミが必要か否かって議論はあれど、
死神のスペック的には回復役が実におさまりが良いってことに気付いた。

そう、ぼくこの旅で気づいたんです。
ハムスター値で言うと200周くらい?手元を見ないでも回れるこの静寂の安定感。
失った時間はプライスレスなんだが。

やっぱ素早さ的に後手になりがちなんだよね。死神の騎士は。
よって出来れば開幕に使いたいラリホーマ辺りのスキルとの相性はそこまで良くない。

じゃあマホカンタとの相性も良くないんじゃ?って話だけど眠りマヌーサ無効の死神は
後手でもほぼ確実にマホカンタを張れるって利点がある。

例えば静寂のシュプリンガーは開幕マヌーサをよくしてくるけど、
状態異常に耐えた味方にマホカンタ張ってバイキルトをかけるなりして
そいつを中心に戦闘を立て直すイメージの戦略が可能って事ね。

結局このゲーム、ルカナン/ルカニみたいな不確定要素のあるデバフを相手に入れるより
スクルト/バイキルトみたいな確実に影響するバフを自分に入れた方が高パフォーマンスが出るんで
限られた枠の中には確実にフラグが立つスキルを優先していれた方が良い。

まあ俺のスライムベホマズンはルカナン付いてるんだけどなっ!
ウム。
 
 
ってなもんで死神にベホイミ+マホカンタってのは大いにアリかと思う。
 
 
長くなったんで斬撃系の死神についてはまた!
 
 
 

関連記事:

カテゴリー: DQMSL   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。