-2020.上半期 資産レポート

投資全般

スポンサーリンク

2020年上半期について

つい先日辺りに新年を迎えた様な気がしてなりませんが早くも上半期終盤です。
2020年度前半はコロナで激動相場だった所にリスク資産の大幅な見直しも行ったりで、せわしない中、ここらで備忘録的な意味合いも含めて資産レポートログを残しておこうと思います。
幸い今は資産管理アプリ等の外部APIが充実しているので個人的に管理しているものと合わせて要所要所で使っていければと思います。

2020年上半期に動きのあった資産
具体的には債券アセットの廃止、株式アセットであるVTI/VEA/VWOをVTに統一、リートアセットは個別銘柄のバジェットをETFに振り替え(一部コロって捕まり)。他に大きな所で言うと付き合いのある銀行商品の整理なども並行して動いたりと、あくせくした期間でした。

今年はこれから株式市場が二番底を目指すのか、はたまたバブル相場の入り口となるのか?いずれにせよ予断を許さない状況が続きそうです。相場環境が激変する中、少なくてもクォーター毎、出来れば毎月末に自分のリスク資産の振り返りを出来るように心がけていこうと思います。

以下は基本的に自分の資産ログの為に書いているもので特段他意はありません。資産管理の考え方等、頭の中を整理するためにアウットプットをし、またブラッシュアップ出来る点が見つかればと思い記しています。

全体の資産構成 / オーバービュー

マネーフォワードの資産構成データより。
上から順で、まず 現金・預金アセットについては金融商品の解約等々あり年初より大きく動いています。今後の現金アセットはVTに徐々に振り替えていきながら比率を下げていく予定。 次に株式アセット/投資信託はリスク資産なので後述します。


保険アセットは10年型の確定年金で所得控除を兼ねながら年間50万程度の積立を行っており、22年度にキャッシュ化される予定なのでキャッシュ枠とみなしています。
次点の年金アセットは大部分が小規模企業共済なのでこれも所得控除兼の広義でのキャッシュ枠で所謂老後資金()ですね。

★ドル円比率とリスク資産/無リスク資産比率

左図は全資産におけるドル円比率です。2515(円建ての海外リート)の場合は為替の影響を受けますが円アセットとしています。資産におけるドル円比率について明確に意識するラインは特に無いのですが、国内での就労所得が円依存なので、とりあえず円アセットに寄りすぎないようにしています。

右図はリスク/無リスク資産の比率です。
ドルとVTの定期買い付けを行っているので今後は相対的に円のポジションが少なくなっていきます。

リスク資産 / アセットクラス

2020年のETF買付無料化の流れを受けてPFを刷新しています。従って殆どのアセットは今年から運用された若いものとなります。
具体的には 株式アセットのVTI+VEA+VWOがVT+VWOにリプレイスとなってリスク資産の7割方をVTで運用しています。
VTは今は相場環境を楽しみながら少しずつ枚数を増やしているフェーズですかね。
VT1万株マラソンというイベント中なのでこれが達成するまでの間はこのまま枚数を増やして、その内に次の形(もしその様なものがあるのならば)を目指す事になりそうです。

★2019年末時点PFとの比較

左:現在のPF 右:2019年末のPF

右が昨年末のポートフォリオです。この様なオールETFのアセットアロケーション運用は全体の価格変動が少なく安定運用出来る上に 年間配当額も稼げるので今でもベストに近い運用方法の一つだと思っています。
ただデメリットもそれなりにあって一つはリバランス時にかかる手数料コスト、次にアセットを多岐に分散しているのでそれだけ管理すべき項目が増えていささか運用が複雑化する点です。

現状のVT+現金の分離定理運用ではリバランスにかかるコストが0であり、基本は定額積立のドルコスト平均法で取得すればよく、後は取得単価を下げる様なタイミング投資をトッピングするだけです。こういったシンプルイズベスト的な運用の方がより好みというか楽というか性に合ってるのかもしれません。

1st KPI /VT保有量

現在投資運用に関するKPIは二つ設けており、一つはVTの保有枚数です。
VTを保有する事自体に何も意味を持たないのですがこれをKPIとしてるのには、石橋を叩いて渡らない自身の性格を律する為です。ルールが無いとなかなか難しい事もあるのです。

★VT1万株マラソンの進捗 / 6月末日付
目標進捗率 4,658枚 / 10,000枚  46% 。
残 5,342枚

★日足チャートとVT取得単価ライン

現在の保有量は4,658株、取得単価は73.87ドル。

★同週足チャート

長期目線まで引くと比較的に安価で購入出来ているが、3月の大底で枚数を思い切って増やせなかったのが取得単価をさげられてない理由。故に反省点多め。

★取得推移グラフ

★取得推移 / ウォーターフォール

ウォーターフォールで取得推移を見てみると3月4月の大底エリアで如何にチキったかが可視化されますね。むしろチキリすぎてて草も生えないです。

2nd KPI /年間配当額

年間配当額 / ¥1,506,000 (ドル円107円想定)

★年間配当額内訳

今年は減配多く想定を下回るのであくまで来年以降の指標・・

次クォーターまでのToDo

・年間配当額200万?

・9月末までにVT7000枚?

・二番底ハンティング?

・etc…

今日はこんなところで。ではまた。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
クリックいつも有難うございます。

にほんブログ村

米国株ランキング

関連記事:

投資全般
スポンサーリンク
ボケマシーンをフォローする
暗中模索 Not Found

コメント

タイトルとURLをコピーしました