米国株

米国株

VT1万株マラソン開始しました

はい。1月ほどご無沙汰しました。ボケマです。 ベア相場が長引きそうなので2点自己ルールを策定しました。自己ルール...
投資全般

VTI/VEA/VWO 半年チャートから見えるもの

VTI(米国株)/VEA(日欧株)/VWO(新興国株)について この3つのETFはいわば全世界投資における株...
米国株

VTI100株を利食い。その理由についても。

822口保有しているVTIの内100口(12%ほど)利食いしました。現在の保有は722口です。利益が2100ドルほど乗...
スポンサーリンク
米国株

VTを素因数分解する必要が出てきた

VT=VTI+VEA+VWO VWO=VT-(VTI+VEA) VEA*2=(VT-VTI-VWO)+(V...
投資全般

コロナショックで下落している新興国株式は押し目か?

下落している新興国株は押し目? 今回は新型コロナウイルスショックで下落している新興国株式は押し目買いしていいのか...
米国株

中庸で継続できるリスク許容量を意識しよう

相場の不透明感が高い場合のリスク許容量の考え方 おはようございます。全世界的に大幅な下落ですね。下落前に大きく積...
米国株

パンデミックにより調整局面が来た時のシナリオ

おそらく一番影響が大きいのがVWO(新興国株式ETF)次に1321(日経225ETF)で次に米国ETFや先進国ETF。影響が少ないもしくは逆相関するのがVGLTや債券ETFでしょう。 新興国債券ETFはちょっと読めない所があります。
米国株

下げてきたJ-REITを強めに買いながら米国株は逆相関アセットで

米国長期債券ETFとJ-REITは金利上昇に弱いアセットなので何を購入して何を売却するのかといったリバランスルールみたいなものを考えてみたい。
米国株

10月は935万円分のJ-REITを購入

現在の様に株式との逆相関性が薄くなり加熱的な上昇が見られるJ-REITは黄色新号が出ているとも取れる。 しかし当時と違う状況として配当利回りと金利差のイールドスプレッドがあるのを忘れてはいけない。2007年当時の10年国債利回りは2.38%、2019年10月現在は0.117%、価格上昇に伴い配当利回りが多少下がってもイールドスプレッド的に見るとまだまだ価格上昇余地が十分にあるとも言える。
米国株

J-REITをポートフォリオに入れてみた

ある程度の高配当を維持(目標3%オーバー)しながらトータルでのリスクヘッジを取るポートフォリオとなると各アセットの相関性を出来るだけ下げる必要がある。リートに関しては相対的に高値圏にあり、手を出しにくい雰囲気を持っていたが長期チャートを見ながらまだ最高値圏に無くてそこそこの高配当なモノをPFに組み込んでみた。
タイトルとURLをコピーしました